ビジネス英語まとめ★電話や会議も対応

ビジネスでよく使う英語表現を厳選してまとめたサイトです。日常はもちろん、会議や仕事の電話のシーンなどでも使える挨拶や自己紹介、司会をする時のフレーズや、お礼や決まり文句の例文をコンパクトに2分で覚えれる形で紹介しています。ビジネス英会話の必要最低限のことをここで学んで下さい。

私の英語リスニングと発音が短期間(約1ヶ月)で上達した方法

listening_pronunciation

今回は会議英語の例文やフレーズは登場しませんが、ビジネス上の英語スキルを上げたいと思っている方に、私が実際にやってすごく効果のあった、短期間(一ヶ月ほど)でリスニングや発音のレベルがアップした方法を紹介したいと思います。

私も含めてですが、日本人が英語で会話するときに絶対にぶち当たるのが「リスニング」と「発音」の問題 だと思います。 

 

・なかなか相手の言っていることがわからない。聞き取れない・・・

・自分が話した英語が簡単な単語しか使っていないのに全然相手に通じない・・・

 

こんな経験多いと思います。こんな記事を書いている私も以前はそんなことばかりでした。

 

今でこそ、海外で英語を使ってバリバリ仕事ができるレベルにまでになりましたが、以前は手あたり次第に英会話CDを聞いては効果が出ずに、また別の教材に手を出したり、ということを繰り返していたくらいです。。

 

 

みなさんは「およそ12歳になるまでに育った環境で、その人の英会話のスキルは決まる」と言われているのをご存知ですか?

 

実は、英語で使われる音の中には、日本語には存在しない音が数多くあり、子どもの頃はそれらの音が聞こえるのですが、子供時代に英語を耳にする環境にいなかった人は、大人になった時にはそれらの音を聞き取る能力が衰えていて聞こえないというわけです。

 

つまり、やみくもに英語を繰り返し聴き込んだとしても、そもそも聞き取れる耳ではないので一向にリスニング力は上がらず、自分が聞き取れないものをきちんと発音することは無理なわけですから、自分が話す英語も相手に伝わりずらいのです。

 

つまり、英語スキルは子どもの頃に決まると言っても過言ではないのです。

 

「ということは、子ども時代にこういう英語教育を受けさせてもらっていない人は、英語耳になるのは無理か。。」

 

 

 

私もずいぶんの間、このように思い込んでいたのを覚えています。

 

しかし、子ども時代に英語を聞き込んだことのない人が、大人になってからでも短期間で劇的にリスニング力や発音が向上させれる方法があったのです。

 

少し前の話になりますが、当時アメリカで一緒に仕事をしていた日本人の先輩から薦められて聴いた、アメリカ人言語学者スコットペリー氏が開発した「リスニングパワー」という英語CDを1ヶ月ほど試した頃、「一気に最近周りの人の話す英語が聞き取れるようになってきた」という実感を持ったのを今でも覚えています。

リスニングパワー

 

スコットペリー氏は、22年間で2000人もの日本人をバイリンガルにした実績をお持ちの英語の発音矯正の権威です。

ずいぶん前からビジネス英語を学ぶ人の間では有名な方だったようですが、最近では、キアヌ・リーブス主演の映画「47 Ronin」に出演した有名日本人女優に短期間でハリウッドでも通用する英語力を身につけさせたことでも脚光を浴びました。

 

正直、私もこれまでかなりいろいろな英語教材を買ってきまして、これを紹介してくれた先輩も自称教材コレクターと言うほど色々試されているのですが「今まで試した中で、リスニング力を上げるのにはこれが一番効果があった」という意見は同じでした。

  

なぜこのCDを聴くと、大人の私たちでも英語が聞き取れるようになるかというと、この教材が日本語と英語の周波数の違いに特化したものだからです。

 

スコット氏は他の国の民族と比べて日本人だけが異常に英語に弱い理由が、日本語の周波数であることを突き止めました。日本語の周波数が高くても1500ヘルツであるのに対し、英語の周波数は、低いところで2000ヘルツなので、周波数に関して、日本語と英語では交わるところがないらしいのです。

 

そこで、スコット氏は、日本人が英語を聞き取れるようになる周波数を特定し、日本人が聞き取れる周波数を、英語の周波数にまで高める効果がある教材を開発したのです。したがってこれを聴くことで大人になった後でも英語特有の音が聴こえる耳に変わっていくというわけです。

 

以前のコラムの中でも書きましたが、結局は相手の言っていることを聞き取ることができ、相手に自分の言いたい事が伝われば、多少の文法のミスや言い回しなどは重要ではないので、一番力を入れるべきことは、リスニング力と必要最低限の発音レベルだと思います。

 

私が以前感じていたのと同じような、リスニング力や発音に関する悩みをお持ちの方は一度みてみて下さい。

リスニングパワー公式サイト

最初はピーとかシャーとか、慣れない電子音が聞こえたりしますが、不思議と 2週間〜1ヶ月でだんだんと英語が聞き取りやすくなっていくのがわかると思います。