ビジネス英語まとめ★電話や会議も対応

ビジネスでよく使う英語表現を厳選してまとめたサイトです。日常はもちろん、会議や仕事の電話のシーンなどでも使える挨拶や自己紹介、司会をする時のフレーズや、お礼や決まり文句の例文をコンパクトに2分で覚えれる形で紹介しています。ビジネス英会話の必要最低限のことをここで学んで下さい。

会議で英語で挨拶する場合の例文やフレーズ

会議(テレビ会議や電話会議も含む)で英語で挨拶するのは本当に緊張しますね。しかし例文をいくつか頭の中に入れていれば怖くないですのでフレーズや言い方をまとめてみました。

まずは、おはようございます、こんにちは、こんばんは と言って入るのが普通です。

Good morning.

Good afternoon.

Good evening.

ですね。これは誰でもわかると思います。

ただ、TV会議や電話会議で英語で挨拶する場合は、相手方との間に時差がある場合がありますので、画面や回線の向こう側の方に対しての場合は、相手方がいま何時なのかを知った上で使い分ける必要がありますからご注意ください。

世間話ついでに相手方の時刻を尋ねたかったら、

What time is it in your time zone?

と尋ねればスマートです。

基本的には、以下のような言い回しで大丈夫ということです。

Good morning, Mr. Johnson. Nice to meet you.

ジョンソンさんおはようございます。はじめまして。

Nice to meet you. は日本の英語教育の中でも一番最初あたりに習うフレーズですが、対面で行う会議であればこれでもいいけど、テレビ会議や電話会議やWeb会議のような場合、この英語表現はおかしいのではないかと思われるかもしれません。

meet というと「会う」という意味だから実際に会ってはないのに・・と思いますよね。

でも心配しないでください。テレビ会議でも電話会議においても、英語ではじめましては、Nice to meet you を使って特におかしくはありません。

それでも気になる方は、

Nice to talk with you.

を使えばOKです。

相手方の名前をみんな知っていて名指しで挨拶できる場合は上記のように言うとして、相手方が複数人で人数も少し会議の場合は、

Good morning, everyone. This is Sato.

みなさん、おはようございます。佐藤です。

という言い方でいいと思います。

なお、テレビ会議や電話会議の場合は2拠点だけでなくそれ以上の複数拠点になる時もあるでしょうから、その場合は

Good morning to Mr. Johnson and Mrs. Abbot, Good evening to Mr. Baker.

ジョンソンさん、アボットさんおはようございます。ベーカーさんこんばんは。

とか、

Good morning to Mr. Johnson and Mrs. Abbot, Good evening to the rest of you.

ジョンソンさん、アボットさんおはようございます。その他のみなさんこんばんは。

というように分けて挨拶するといいでしょう。

ところで、” Hello ” を使っちゃダメなの?と疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、もちろん “Hello” でも通じますが、会議は英語でやるにしろ日本語でやるにしろある程度形式じみた部分を持っていますので、参加者の中には砕けた表現が嫌いな方もいらっしゃるでしょうし、少しかしこまった言い方である、上記の Good ~ という挨拶をしたほうが無難です。ただ、いつも会議をやるメンバーで多少砕けた表現でも問題ないときは”Hello”を使っても問題ありません。そこは日本人同士で日本語で会議をする時と変わらないということですね。

もしあなたが会議やミーティングの司会進行を英語でしなければならない場合は、挨拶に加えて会の始まりを宣言しないといけませんので、その場合は会議の冒頭で、

Good morning! It looks everyone’s here, ok let’s get started.

おはようございます。みなさん揃われたようですので、はじめましょう。

とか、もう少し待ってあと5分くらいしたら始めるなどと発言する場合は、

Good morning, everyone. We will get started in five minutes.

みなさん、おはようございます。あと5分くらいではじめたいと思います。

というフレーズが使えます。

今回は比較的簡単な言い回しを紹介しましたが、ビジネスで英語を使う場合はこの後自己紹介をする等さらに英語力が必要です。

このようにビジネスで英語を使う場合、やはり最低限のリスニング力や発音力は必要だなと思うのが長く海外で仕事をしている私の持論です。

正直、私も長年このリスニングや自分の発音については悩み色々試しましたが、短い期間でリスニングや発音レベルの向上に結構効果があったというものもありまして、それをこちらのページでも簡単に説明したりしていますので、同じ悩みをお持ちの方はぜひ参考にしてみてください。

 - 挨拶


  関連記事

YOTA82_akusyuwomotomeru15123614-thumb-815xauto-14180
会議での挨拶編 (担当・肩書き・責任者などを伝える例文)

ビジネス会議で使う英語、挨拶編です。いくつか紹介したいフレーズがあるので、何度か …

fdd7c03873129f3fbe98876df3a7abd0_s
会議での挨拶編 (同僚や上司、担当者を紹介する例文)

今回は会議で参加者と挨拶する際、自分の側の参加メンバーを英語で相手に紹介する時の …

card-title
名刺に書かれている肩書きの英語表記について

前回の挨拶編で、肩書きについて少し書きましたが、英語圏のビジネス現場における肩書 …

2ffd7b1f3cb63a52f9418ba6bf6ad65a_s
会議での挨拶編 (英語圏から来た人への挨拶フレーズ)

自社に外国の方(英語圏)が来訪され一緒に会議を行う前に挨拶するというような場合に …