ビジネス英語まとめ★電話や会議も対応

ビジネスでよく使う英語表現を厳選してまとめたサイトです。日常はもちろん、会議や仕事の電話のシーンなどでも使える挨拶や自己紹介、司会をする時のフレーズや、お礼や決まり文句の例文をコンパクトに2分で覚えれる形で紹介しています。ビジネス英会話の必要最低限のことをここで学んで下さい。

会議での挨拶編 (英語圏から来た人への挨拶フレーズ)

2ffd7b1f3cb63a52f9418ba6bf6ad65a_s

自社に外国の方(英語圏)が来訪され一緒に会議を行う前に挨拶するというような場合に使える例文というのを紹介したいと思います。

今日は遠くからお越しいただきありがとうございます。

Thank you for coming all the way here today.

遠くから来ていただいたことを表現する「はるばる」を英語で表現すると、

come all the way

です。このフレーズの中に出てくる、

Thank you for coming all the way.

も、「はるばる来てくれてありがとう」と言う時によく使う言い回しで、会議でのよく使う英語というより日常的にも使えますのでぜひ覚えましょう。

 

続いて名刺をお渡しする時の例文。

こちら私の名刺です。

This is my business card.

そのままと言えばそのままですね。^^

海外でも名刺を渡す文化はありまして、アメリカやイギリスでも最近はビジネスシーンでの名刺交換がよく行われるようになってきています。新興国でも名刺の流通量が増えているという調査もあるようですね。別の言い方をすると、

Here is my business card.

でもOKですよ。

 

続いて、海外から来日された方への軽い挨拶の中のひとフレーズとして、

いつこちらに到着されたんですか?

When did you arrive?

こちらも至極簡単な例文ですが、会話の中に挟んでみてはと思います。

続いて、日本と時差があるような遠方からお越しになられた方向けに、長旅と慣れない日本での仕事ということでお疲れなことを気遣うためのフレーズ。

時差ボケとかつらくないですか?もし会議の途中きつくなられたら、同じフロアに休憩コーナーもありますから気にせずにそこでリフレッシュしてきてくださいね。

How is your jet lag?  If you are not feeling great, please feel free to have a break anytime. On this floor, we have a little space where you can relax.

「時差ぼけ」はご存知、”jet lag“ですね。

お気軽に~してくださいね」、「遠慮なく~してくださいね」といったような表現は、

please feel free to ~

でOKです。日本語でもこういう表現よく使いますよね。英語でも同じように使いやすいフレーズですので覚えておいたら便利です。

ゆっくりできますよ」、「リラックスできますよ」は、

You can relax

としておけば問題ないと思います。

以上、遠く海外から会議に見えられた方への英語での挨拶例を紹介しました。

 - 挨拶


  関連記事

card-title
名刺に書かれている肩書きの英語表記について

前回の挨拶編で、肩書きについて少し書きましたが、英語圏のビジネス現場における肩書 …

fdd7c03873129f3fbe98876df3a7abd0_s
会議での挨拶編 (同僚や上司、担当者を紹介する例文)

今回は会議で参加者と挨拶する際、自分の側の参加メンバーを英語で相手に紹介する時の …

YOTA82_akusyuwomotomeru15123614-thumb-815xauto-14180
会議での挨拶編 (担当・肩書き・責任者などを伝える例文)

ビジネス会議で使う英語、挨拶編です。いくつか紹介したいフレーズがあるので、何度か …

aisatu
会議で英語で挨拶する場合の例文やフレーズ

会議(テレビ会議や電話会議も含む)で英語で挨拶するのは本当に緊張しますね。しかし …