ビジネス英語まとめ★電話や会議も対応

ビジネスでよく使う英語表現を厳選してまとめたサイトです。日常はもちろん、会議や仕事の電話のシーンなどでも使える挨拶や自己紹介、司会をする時のフレーズや、お礼や決まり文句の例文をコンパクトに2分で覚えれる形で紹介しています。ビジネス英会話の必要最低限のことをここで学んで下さい。

名刺に書かれている肩書きの英語表記について

前回の挨拶編で、肩書きについて少し書きましたが、英語圏のビジネス現場における肩書きについて少し掘り下げてみたいと思います。

英語圏で仕事をしていて、名刺に書いてある英語表記の肩書きを気にしてよく見るんですが、私なりによく見るのを列挙すると、あくまでも個人的な経験に基づくものではありますが、地位が低いほうから、

Assistant、Operator、Staff (職種によって呼び方が様々)

Excecutive (日本でいうところの平社員)

Superviser、Assistant Manager (課長補佐とか課長代理とかそのあたり)

Manager (課長くらい)

Director (部長くらい)

CFO、CMO

CEO

という感じになるかなと思います。

小さい会社とかだと、CFOとかはいなくて、Business Partner だったりすると思います。

あとは、上下関係がないほうがいいような業態の会社であれば、例えば、”Designer“のように相手にその社員の専門性が何かがわかる肩書きだけを与えているところも実際にありますね。

そういえば、こないだアメリカのとあるサイトに登録しようとした時に、肩書きを選択するところがありまして、その実際の画面がこちらなのですが、

 english_rank

 

という風になっていました。

VP は、Vice President

SVP は、Senior Vice President

EVP は、Executive Vice President

だと思いますが、C-Suiteというのがありまして、こちらについては実は私も見た事がなかったので調べてみましたところ、

DEFINITION of ‘C-Suite’ A widely-used slang term used to collectively refer to a corporation’s most important senior executives. C-Suite gets its name because top senior executives’ titles tend to start with the letter C, for chief, as in chief executive officer, chief operating officer and chief information officer.

と書いてありました。

日本でもよく聞く、CEO(chief executive officer)や、COO、そしてCIOなど、その会社の一番偉い人たちについている肩書きの頭文字がCだからこういう呼び方ができたようですね。

というわけで、会議英語にはあまり関係はないですが、肩書きについてのお話でした。

 - 挨拶


  関連記事

YOTA82_akusyuwomotomeru15123614-thumb-815xauto-14180
会議での挨拶編 (担当・肩書き・責任者などを伝える例文)

ビジネス会議で使う英語、挨拶編です。いくつか紹介したいフレーズがあるので、何度か …

fdd7c03873129f3fbe98876df3a7abd0_s
会議での挨拶編 (同僚や上司、担当者を紹介する例文)

今回は会議で参加者と挨拶する際、自分の側の参加メンバーを英語で相手に紹介する時の …

aisatu
会議で英語で挨拶する場合の例文やフレーズ

会議(テレビ会議や電話会議も含む)で英語で挨拶するのは本当に緊張しますね。しかし …

2ffd7b1f3cb63a52f9418ba6bf6ad65a_s
会議での挨拶編 (英語圏から来た人への挨拶フレーズ)

自社に外国の方(英語圏)が来訪され一緒に会議を行う前に挨拶するというような場合に …